世界PC出荷台数:13年は9.7%減へ、見通し下方修正-IDC

2013年の世界のパソコン(PC)出 荷台数は従来の予想以上に落ち込むとの見通しを、米調査会社IDCが 示した。先進諸国に続き新興市場の消費者もPCからモバイル機器にシ フトしていることを理由に挙げた。

29日の発表資料によれば、今年の世界のPC販売台数は前年 比9.7%減が見込まれる。5月時点では7.8%減と予想していた。PC市 場は15年まで縮小し続け、同年に1桁台の「緩やかな」増加に転じると の見通しも示した。

ただ、出荷台数が11年のピーク水準に戻ることはないとIDCはみ ている。先進市場の販売落ち込みを補ってきた中国など新興諸国は、成 熟市場を上回るペースで縮小している。

IDCは今年のPC出荷台数を3億1540万台と予想。12年は3 億4920万台だった。17年は3億1980万台と見込んでいる。

原題:PC Market to Post Steeper Decline of 9.7% This Year, IDC Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE