米ベライゾン債保証コスト、3年ぶり高水準-CDS取引

29日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米ベライゾン・コミュニケーションズの社 債保証コストが3年ぶり高水準に達した。同社は英ボーダフォン・グル ープとの携帯合弁会社ベライゾン・ワイヤレスについて、ボーダフォン の持ち分45%の買い取り交渉を進めている。

CMAによると、ベライゾンのCDSスプレッドはニューヨーク時 間午後4時48分(日本時間30日午前5時48分)現在、15ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)上昇して80.5bp。一時は94.5bp と、2010年9月以来の高水準となった。

北米企業の信用リスクの指標は低下。4-6月(第2四半期)の米 実質国内総生産(GDP)改定値がエコノミスト予想を上回る伸びとな ったことが材料視された。ブルームバーグの集計によれば、マークイッ トCDX北米投資適格指数のスプレッドは0.9bp低下の82.5bp。

原題:Verizon Credit Swaps Reach Three-Year High on Vodafone Talks(抜粋)

--取材協力:Amy Thomson、Jeffrey McCracken、Charles Mead、Olga Kharif、Shobhana Chandra. Editors: Shannon D. Harrington, Richard Bravo

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE