日産、加州排ガス規制に基づく排出枠売却開始-米テスラに続く

日産自動車はカリフォルニア州の排 ガス規制に基づき、温暖化ガスの排出枠の売却を開始した。米国でこう した実績をこれまでに公表している自動車メーカーは米テスラ・モータ ーズだけだ。

カリフォルニア州は大手自動車メーカーに対し、同州での市場シェ アに比例して電気自動車(EV)やその他ゼロエミッション車 (ZEV)を販売するよう義務付けている。日産はEV「リーフ」の販 売台数が一定の水準に達したため、余った排出枠の売却に着手したと、 アンディ・パーマー副社長が今週、記者団に語った。

同副社長は「われわれには売却できる排出枠があり、それらを売却 する」と述べたが、詳細は明らかにしなかった。日産は時期や価格、買 い手についてコメントを控えた。

テスラはカリフォルニア州の規制でこうした車の販売を義務付けら れるほど規模が大きくないが、今のところ排出枠の主な売り手となって いる。初めて純利益を計上したのも、こうした取引が一因だった。1- 6月(上期)にはZEVの排出枠売却で1億1900万ドル(約117億円) と、総収入の12%を稼ぎ出している。

原題:Nissan Joins Tesla in Selling Green-Car Credits to Boost Revenue(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE