NY外為:ドルが4週ぶり高値、米統計改善で緩和縮小見込む

29日のニューヨーク外国為替市場で はドルが4週間ぶりの高値に上昇。米経済成長の加速や週間新規失業保 険申請件数の減少を手がかりに、投資家は米金融当局が早ければ来月に 緩和策を縮小するとの観測を強めた。

ドルは対円で続伸。米国債利回りは2年ぶり高水準に迫った。ユー ロは主要16通貨の過半数に対して下落した。

ゲイン・キャピタル・グループ(ニューヨーク)のシニア為替スト ラテジスト、エリック・ビロリア氏は「金融当局は来月にも緩和策を縮 小する可能性がある。失業保険申請件数は引き続き漸進的な改善を示し ている」と述べ、「シリアをめぐる懸念が緩和したことから、ドルは主 要10カ国の通貨と比べても強い」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ米ドル指数 は0.5%高の1033.48。一時は1034.03と、2日以来の高水準に上昇し た。ドルは対円で0.7%上昇して1ドル=98円35銭。ドルは対ユーロ で0.7%上昇して1ユーロ=1.3241ドル。円はユーロに対してほぼ変わ らず1ユーロ=130円22銭。

英ポンドは今月に入って対ドルで2%上昇。主要通貨の中で最も上 昇率が高い。一方、南アフリカ・ランドは4.7%安と、最も下げがきつ かった。

トルコ・リラが反発

トルコ・リラとイスラエル・シェケルは反発。英国とフランスがシ リアの化学兵器使用の疑いをめぐる国連調査団の報告を待ってから、軍 事行動の是非を決定する意向を示したため、米国主導の有志連合による シリア攻撃が差し迫っているとの観測は後退した。

ABNアムロ・グループのストラテジスト、ジョーゼット・ボエル 氏とピーター・デブルイン氏は29日付のリポートで、「シリアへの軍事 行動の脅威は典型的なリスクオフの動きにつながった」と指摘、「しか しその脅威もすでに緩和されつつあるようで、短期的なものに終わる可 能性が高い」と続けた。

トルコ・リラは対ドルで0.1%高。前日はブルームバーグがまとめ た1981年以降のデータで最安値をつけた。イスラエル・シェケルはこの 日、0.8%上昇。

米商務省が発表した第2四半期の実質国内総生産(GDP)(季節 調整済み、年率)改定値は前期比2.5%増。速報値は1.7%増だった。ブ ルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は2.2% 増。発表後にドルは上値を伸ばした。

米労働省の発表によると、先週の新規失業保険申請件数(季節調整 済み)は33万1000件に減少した。前週は33万7000件だった。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は33万2000件だっ た。

FOMC

ブルームバーグが8月9-13日にエコノミストを対象に行った調査 によると、65%が9月17-18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会 合で月間850億ドルの債券購入の縮小が決定されると予想した。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ドルは年初来で5.7%上昇。ユーロは6.1%上昇。一方、円は 8%下げた。

米銀が決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)へ提出したデータをブルームバーグがまとめたところによ ると、外為オプションの店頭取引は合計150億ドル。前日は240億ドルだ った。対ユーロでのドルのオプション出来高は22億ドルで、シェア は15%と最大だった。

原題:Dollar Gains to 4-Week High as Economy Expands, Claims Decline(抜粋)

--取材協力:Lukanyo Mnyanda. Editors: Kenneth Pringle, Dave Liedtka

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE