森本日銀委員:消費増税先送りの市場の反応は「見極め付きにくい」

日本銀行の森本宜久審議委員は29日 午後、盛岡市内で会見し、来年4月から2度にわたり予定されている消 費税率引き上げが先送り方向で見直された場合、金融市場の反応は「見 極めが付きにくい」と述べ、金融市場の波乱要因になる可能性があるこ とに懸念を示した。

同委員は「今、引き上げた場合の経済への影響を緩和したりする方 法など、いろいろ考えている方がおられて案が示されており、それぞれ 考え方のメリット、デメリットを考慮しておられると思う」と指摘。そ の上で、増税が延期された場合の影響について「過去にもなかなか例が ないし、どういう見方をされるのか、信認がどうなるのかについては、 なかなか見極めが付きにくいのではないか」と述べた。

さらに、日本の財政運営に対して警告を発した国際通貨基金( IMF)のリポートを引用した上で、国際的にも「日本の財政に対する 強い関心が寄せられているのは事実だ」と言明。「そういう面からも、 どういった評価を受けるかについては、政府の方でもしっかり見極め て、いろいろ考えていかれるのではないかと思っている」と語った。

森本委員は同日午前の講演で、「わが国の財政は厳しい状況にあ り、財政に対する信認が低下するような場合には、長期金利が景気・物 価と整合的でない形で上昇する可能性がある」と述べた。政府は今週、 有識者を招いて来年度からの消費税率引き上げの是非について、意見を 聴取している。甘利明経済再生担当相は25日、NHK番組「日曜討論」 で、安倍晋三首相が消費税増税について10月上旬までに判断するとの見 通しを示した。

最大のリスクである海外経済も持ち直しへ

森本委員は政府に対し、「日本の財政は大幅な赤字が続き、政府債 務残高も極めて高い水準にある。今後、財政再建の道筋を明確にし、財 政構造改革を着実に推進されることを強く期待している」と述べた。

国内の景気については「緩やかに回復しつつある。前向きな動きが 広がっており、生産・所得・支出の好循環が見られ始めている」と指 摘。生鮮食品を除く消費者物価が6月に前年比0.4%上昇したことにも 言及し、経済・物価情勢は「現在のところ、日銀のシナリオ通りに動い ている」と語った。海外経済については「最大のリスク」としながら も、「持ち直しに向かって進んでいる」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE