中国閩中食品:グローカスは当社の事業モデルを誤解

食品加工の中国閩中食品は29日、空 売りを手掛けるグローカス・リサーチ・グループがリポートで同食品の 会計処理に疑問を呈したことについて、同社の事業を誤解していると指 摘した上で、決算発表を今夜に先送りすることを明らかにした。

閩中食品は詳細な資料の準備を進めており、その中で財務状況が健 全であることを示し、グローカスに指摘された諸問題を是正するとして いる。同社は今週に入ってグローカスのリポート公表後に時価総額の約 半分を失った。同社株の売買は30日の取引終了時点まで停止される。

同社はシンガポール取引所への提出文書で、「当社の財務状況をめ ぐりグローカスが提起した問題の大半は今に始まったことではなく、当 社の事業モデルや中国の事業環境に関する完全な理解不足がもたらした ものだ」と主張。通期決算報告について、「リポートが言及した特定の 問題に関する検証・確認」のために今朝の発表を延期したと説明した。

グローカスのリポートが監督当局と投資家を「ひどく欺いている」 と指摘されたことから、閩中食品株は26日のシンガポール市場で2時間 足らずの間に48%下落。時価総額で3億1800万シンガポール・ドル (約240億円)相当が吹き飛び、売買停止となった。

原題:Minzhong Says Glaucus Report Misunderstands Business Model (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE