インド中銀、通貨安阻止でドル売却-ルピーは急反発

インド準備銀行(中央銀行)は通貨 ルピーの下落に歯止めをかけるため、スワップファシリティーを通じて 国有の大手石油輸入企業にドルを売却する。ルピーは28日、20年ぶりの 大幅安となっていた。

同中銀がウェブサイトに掲載した声明によれば、ドル売却の対象は はインド石油とバーラト石油、ヒンドゥスタン石油。この措置は直ちに 実施される。同中銀は一定期間を経て、ドルを買い戻す。

29日のルピー相場は大きく反発。ムンバイ時間午前9時12分(日本 時間午後0時42分)現在、2.5%高の1ドル=67.1350ルピー。

原題:RBI to Sell Dollars to State Oil Companies as Rupee Plunges (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE