アジア株:反発、シリア情勢緊迫化でエネルギー関連など高い

29日のアジア株式市場では、 MSCIアジア太平洋指数が前日の2カ月ぶりの安値から反発。シリア に対する軍事行動で供給が混乱するとの懸念で原油相場が上昇し、エネ ルギー関連が買われている。

オーストラリア最大のカンタス航空は、黒字転換が好感されてシド ニー市場で9.8%高。中国の乳製品最大手である中国蒙牛乳業は、1- 6月(上期)の16%増益を受けて6.2%高。

同指数は日本時間午後0時38分現在、前日比0.6%高の129.87。28 日終値は、6月27日以来の低水準だった。

原題:Asian Stocks Rise From Two-Month Low as Oil Explorers Lead Gain(抜粋)

--取材協力:Adam Haigh. Editors: John McCluskey, Sarah McDonald

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE