フィリピン:4-6月GDP、7.5%増-投資の増加が寄与

フィリピン経済は4-6月(第2四 半期)に4四半期連続で7%を超える成長となった。投資の増加が寄与 した。

フィリピン国家統計調整局(NSCB)が29日発表した4-6月期 の国内総生産(GDP)は前年同期比7.5%増加。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたエコノミスト24人の予想中央値は7.2%増だった。1 -3月(第1四半期)は7.7%増だった。

DBSグループ・ホールディングスのシンガポール在勤エコノミス ト、ユージン・リュー氏は統計発表前に、「国内経済が今回の高成長の 原動力となり、フィリピンは外需の弱さの影響を受けなかった」と分析 した。

原題:Philippine GDP Growth Holds Above 7% as Aquino Boosts Spending(抜粋)

--取材協力:Max Estayo、Joel Guinto、Clarissa Batino. Editors: Shamim Adam, Rina Chandran

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE