カーシュ氏がヘッジファンドの顧客資金を返還-新天地を模索

ソロス・ファンド・マネジメントの 元マネジングディレクター、マイケル・カーシュ氏は13年前に設立した ヘッジファンド会社カーシュ・キャピタル・マネジメント(運用資産18 億ドル=約1760億円)の顧客に資金を返還する。投資家への書簡で明ら かにした。同氏は自らのキャリアの次のステージを考えるための時間が 必要だと述べている。

書簡によると、カーシュ氏(45)は顧客資産の95%を9月末まで に、残りを1月までにそれぞれ返還する。

カーシュ氏は28日付の書簡で「ファンドマネジャーとして20年近く がたつが、一歩下がって自分の経験を振り返り、自分のキャリアの次の 章について考え始める時期だと思う」と記した。

同氏はソロス・ファンドやチーフティン・キャピタル・マネジメン トでの運用担当者を経て2000年にカーシュ・キャピタルを設立。同社は 複数の株式ヘッジファンドで約13億ドルを運用している。主力ファンド の今年のリターンは8月23日時点でプラス6.1%。

同社の広報担当を務めるショーン・パティソン氏は書簡の内容以外 についてはコメントを控えた。

原題:Michael Karsch Returns Client Capital in $1.8 Billion Hedge Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE