ブラジル株:ボベスパは3日続落-輸出関連株が安い

28日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が3日続落。通貨レアルの上昇が海外売上高の減少につ ながるとの懸念から、航空機メーカーのエンブラエルを中心に輸出関連 株が売られた。

エンブラエルは1.6%安。石油会社OGXペトロリオ・エ・ガス・ パルチシパソンエスは17%下落し、ボベスパ指数の下げに最も響いた。 指数に占める比重が最大の鉄鉱石生産のヴァーレは1.5%値下がり。金 属相場安が嫌気された。一方、オンライン販売のB2Wコンパニア・デ ィジタルは6.3%高。借り入れコスト上昇との観測が後退したことが材 料となった。

ボベスパ指数は前日比0.4%安の49866.92で終了。指数構成銘柄の うち33銘柄が下落した。通貨レアルはサンパウロ時間午後5時27分(日 本時間29日午前5時27分)現在、1.2%高の1ドル=2.3437レアル。

レメ・インベスチメントスのポートフォリオマネジャー、ジョア ン・ペドロ・ブルガー氏は電話インタビューで「ヴァーレなど輸出関連 株はレアル安の恩恵を受けてきた。現在は中央銀行が為替市場でさらに 積極的に行動し、相場が修正されつつある」と述べた。

通貨レアルはブラジル中銀が600億ドル(約5兆8600億円)規模の 為替介入を実施する計画を明らかにした今月22日以降、3.9%上昇。た だ、過去3カ月では11%下落しており、騰落率は中南米の主要通貨で最 低となっている。

原題:Ibovespa Declines for Third Day as Embraer Leads Exporters Lower(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE