米5年債入札、既発7年債と統合-予定外のリオープン発行

米財務省による28日の5年物国債入 札350億ドル(約3兆4200億円)は、2011年に発行された7年債と同一 銘柄債券として追加発行される形となった。いわゆるリオープン方式の 発行が予定外に実施されたのは2004年以来。

新発債の最高落札利回りは1.624%。表面利率は1.5%と11年8月発 行の7年債と同じで、償還期日(2018年)、キュージップ番号(米国統 一証券識別番号)も同一となる。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)傘 下のRBSセキュリティーズの米国債ストラテジスト、ガブリエル・マ ン氏は「興味深い出来事だが、この新発債は既発の7年債と同様に取引 されるだろう。市場への影響は皆無かそれに近いはずだ」と指摘した。 「同社はプライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)21社の一 角。

5年債入札では、投資家の需要を測る応札倍率は2.38倍と09年7月 以来の低水準だった。過去10回の平均は2.74倍。

原題:U.S. 5-Year Sale Turns Into Unscheduled Reopening of 7-Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE