英中銀総裁:資本基準満たす英銀には規則緩和-与信拡大狙う

イングランド銀行(英中央銀行)の カーニー総裁は28日、資本基準を満たす銀行を対象に流動性規則を緩和 するとし、国内の主要銀行の与信能力拡大に動いた。

カーニー総裁はこの日、7月に就任後初めて政策について講演。こ の中で、リスク加重資産の7%に相当する資本を保持する英銀を対象 に、国債など売却が容易で利回りが比較的低い証券の保有規模縮小を認 めると述べた。中銀は銀行に一定の流動性資産保有を義務付けている。

事前準備された講演原稿によると、総裁は「銀行とビルディングソ サエティー8行全てが資本基準をいったん満たせば、保有が義務付けら れる資産が総額で900億ポンド(約13兆6200億円)減る効果がある」と 説明。「流動性資産に現在滞留しているのは実体経済に貸し出し可能な マネーであるため、これは与信を支えることにつながる」と語った。英 産業連盟(CBI)がノッティンガムで開催したイベントで講演した。

英中銀は先月29日、6月の住宅ローン承認件数が減少し、企業向け 融資も減ったと発表。また6月には、今年末から適用される7%の資本 基準などの規制を満たすために、バークレイズやロイズ・バンキング・ グループ、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ (RBS)など5行に計134億ポンドの追加資本が必要だと指摘してい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE