中国人民元、対ドルで上昇-中心レートは約2週間ぶり高水準

中国人民元は28日、ドルに対し上 昇。中国人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを約2週間ぶりの高水 準に引き上げたほか、製造業活動の拡大が加速するとの予想も背景とな った。

人民銀は中心レートを0.03%元高方向の1ドル=6.1667元と、16日 以来で最も高い水準に設定した。ブルームバーグの調査によると、9月 1日発表予定の8月の製造業購買担当者指数(PMI)は50.6と、7月 の50.3を上回る見込み。同指数は50を超えれば活動の拡大を示す。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、元の28日終値 は前日比0.02%高の6.1202元。年初来では1.8%上昇している。

ブルームバーグの集計データによれば、香港のオフショア市場では 元は0.04%安の6.1173元。1年物ノンデリバラブル・フォワード( NDF)は0.02%安の6.2415元。

米国がシリアに対する軍事行動を行えば原油の流通が混乱するとの 見方から、北海ブレント原油の相場は今週に入って4%強上昇。

農銀国際証券の調査共同責任者、林樵基氏は「中国は安定的な金融 政策を好んでおり、投資家も元を混乱時の逃避先とみている」と指摘。 「中国当局者が経済成長にかじを切る政策を実施に移す、との楽観的な 見方も強まりつつある」と述べた。

原題:Yuan Advances as Fixing Raised to Strongest in Almost Two Weeks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE