香港株(終了):ハンセン指数、続落-シリア攻撃への懸念で

香港株式市場では、ハンセン指数が 続落。シリアに対し軍事攻撃が実行されれば原油の流通が混乱するとの 懸念が広がった。ペトロチャイナと傘下の昆侖能源が、中国での汚職摘 発に伴う幹部辞任を受けて売られた。

ペトロチャイナ(857 HK)は4.4%安で、会長が辞任した昆侖能源 (135 HK)は14%安。世界最大のソーラーパネル向けポリシリコンメー カーの保利協鑫能源(3800 HK)は2.6%安。欧州連合(EU)は調査を 通じ、中国のパネルメーカーが補助金を受けていたと結論付けた。

一方、資金逃避先としての需要増で金価格が3カ月ぶりの高値近辺 となったことで産金株は買われ、招金鉱業(1818 HK)は5.2%高。

ハンセン指数は前日比350.12ポイント(1.6%)安の21524.65で終 了。下落率は今月20日以来の大きさ。ハンセン中国企業株(H株)指数 は同2.2%安の9765.19。

パーペチュアル・インベストメンツの市場調査責任者、マシュー・ シャーウッド氏(シドニー在勤)は「中東での地政学的なリスクが高ま る中で米金融政策に関する不透明感も長引いており、悪いことが重なっ ている」と指摘。「流動性は低く、株価は下がり続けそうだ」としてい る。

原題:Hong Kong Stocks Drop Amid Syria Tensions; PetroChina Plunges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE