ジュネーブの豪邸、8億円値下がり-税制変更恐れ金持ちが敬遠

不動産仲介業者のアレクサンダー・ コッホデゴレインド氏は昨年12月に、スイス・ジュネーブ州のレマン湖 畔にある広さ800平方メートル、ヨット係留スペースとワインセラー付 きの邸宅を3150万スイス・フラン(約33億3500万円)で販売した。

この豪邸はサウジアラビアの故ファハド国王が即位前の1970年代に 夏の宮殿を建てたコロンジュ・ベルリーブ地区にある。3950万フランで 売り出してから9カ月たっても売れず、英ナイト・フランクのスイス住 宅責任者のコッホデゴレインド氏が顧客に値下げを勧め、やっと成約し た。値下げの幅は約8億5000万円だった。

外国人富裕層は150年の歴史を持つ有利な税制でジュネーブに引き 寄せられてきたものだが、これを撤廃しようとする最近の動きに怖気づ いている。このため、スイスの中でも価格が特に高いことで知られるジ ュネーブ州の高級住宅が急激に値下がりしている。同州で600万フラン 以上する住宅は過去1年に25%も値下がりしたと、仲介業者のバーン ズ・インターナショナル・ラグジュアリー・リアル・エステートのセバ スティエン・ローナー氏が述べた。

「こんな落ち込みは見たことがない。富裕層は今もジュネーブに魅 力を感じているが、取りあえず買わずに借りるようになっている」と同 氏は話した。

ジュネーブでは外国人富裕層を対象に所得税ではなく、スイスでの 支出や生活費に基づいて税金を納めさせる制度がある。しかしジュネー ブの社会党が2012年1月にこの撤廃を求める1万人の署名を集め、撤廃 の是非を問う投票が行われた。州政府と議会は今年6月に撤廃案を否決 したものの、14年9月までに税制見直しを検討することになった。

原題:Geneva Mansions Sell at Discount as Tax Scares Expats: Mortgages(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE