中国株(終了):下落、ペトロチャイナや製薬株が売られる

中国株式相場は前日付けた2週間ぶ り高値から反落。政府の汚職追放キャンペーンで幹部が辞任した中国最 大の石油会社ペトロチャイナが売られたほか、製薬株も決算が市場予想 に届かないとの懸念から下げた。

ペトロチャイナ(601857 CH)は0.5%安。康美薬業(600518 CH) が10%安となってヘルスケア銘柄が全業種中で最も下げた。

米国がシリアへの軍事行動に出るとの観測で資金逃避先としての金 の需要が増加、産金会社の株が買われた。山東黄金鉱業(600547 CH) は10%高。上海国際港務(600018 CH)は4営業日連続で上げて10% 高。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比2.27ポイント(0.1%)安の2101.30。3営業日ぶ りの下落となった。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数 は0.6%安の2328.06で終了。

浙商証券の王偉俊ストラテジスト(上海在勤)は、「決算は市場の 注目の的であり、市場予想に届かなければ単純に売られる」と説明。 「軍事的緊張も株式のようなリスク資産へのグローバルな需要を減らす ことになろう」と指摘した。

原題:China’s Stocks Fall From 2-Week High, Led by PetroChina, Kangmei(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE