韓国株を海外投資家が選好-6年ぶりの割安水準や輸出回復で

アジア株で最も人気薄だった韓国株 が現在、海外投資家に選好されている。世界株に対するバリュエーショ ン(株価評価)の比率で6年ぶりの割安水準にあることや、輸出回復が 好感されている。

韓国株式市場で海外の資産運用担当者は今月、10億4000万ドル (約1010億円)の買い越しと、ブルームバーグが調査するアジア10市場 で最大の買い越し額となった。1-7月期は72億ドルの売り越しだっ た。韓国株の株価純資産倍率(PBR)は1倍と、MSCIオールカン トリー世界指数(1.9倍)と比べて2007年以来の割安水準となってい る。韓国総合株価指数は11カ月ぶりの低水準となった6月25日以 来5.9%上げ、年初来の下げ幅は5.6%に縮小した。

輸出回復に伴い韓国経済が2年ぶりの高い伸びに加速する中、2大 自動車メーカーであるヒュンダイモーターカンパニー(現代自動車)と 起亜自動車、世界2位の半導体メモリーメーカーのSKハイニックスの 株式が人気を集めている。HSBCグローバル・アセット・マネジメン トやABNアムロ・プライベート・バンキング、エドモン・ドゥ・ロス チャイルド・アセット・マネジメントのファンドマネジャーらはいずれ も、自分は韓国株に強気だと述べている。

ロスチャイルドの香港在勤シニア運用マネジャー、デービッド・ゴ ード氏は「著しく割安なことからわれわれは総じて韓国に一段と前向き になっている」とした上で、韓国株のこの先6カ月のリターンはプラ ス20%に達する可能性があると分析。「世界全体の景気循環は改善する と予想され、韓国は景気改善を代表する興味深い投資先になるはずだ」 と説明した。

HSBCグローバル・アセット・マネジメントのアジア太平洋部門 のビル・マルドナド最高投資責任者(CIO)は韓国株のバリュエーシ ョンがこれほど下がるのは「極めてまれ」であり、「大きな好機だ」と 指摘した。

ABNアムロ・プライベート・バンキングのアジア株調査責任者、 ダフニ・ロス氏(シンガポール在勤)は「韓国株、特に輸出関連株を買 うのは理にかなっている」と述べた。

原題:Hyundai to Hynix Top Asia Buying as HSBC Bullish: Korea Markets(抜粋)

--取材協力:Kana Nishizawa. Editors: 松田英明, Michael Patterson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE