ドル・円相場と日本株の相関係数、40年ぶり高水準-円上昇か

ドル・円相場と日本株の相関関係が この40年間で最も強くなっており、円の上昇が示唆されている。デフレ 脱却に向けた安倍晋三首相の取り組みを脅かすかもしれない。

ブルームバーグのデータによると、ドル・円相場とTOPIX の120日間の相関係数は21日に0.49と、1973年以来の高水準に上昇し た。相関係数の1は全く同じ動き、マイナス1は正反対の動きを示す。 TOPIXは5月に付けた約5年ぶりの高値から11%下落しており、円 は対ドルで上昇する余地がありそうだ。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)のストラテジスト、ア ダム・コール氏は27日のインタビューで「外為トレーダーは方向性を示 すものとして株式市場を注視している」とし、「円と株式は共にアベノ ミクスが成功あるいは失敗しつつあるのかという認識を測るバロメータ ーだ」と語った。

日本銀行の前例のない金融緩和策を受け、円は5月に4年半ぶりの 安値を記録。安倍首相が経済政策で日銀と同じような影響力を示せない 状況にあって、円は上昇に転じた。円安は日本の輸出を後押しすると同 時に、2年以内にインフレ率を2%に押し上げる目標の達成に寄与す る。

ブルームバーグのデータによると、ドル・円相場とTOPIXの相 関係数は0.52を記録した73年2月2日以来最高。今月以前は2月1日に 記録した0.45が今年の最高だった。同月にはTOPIXが3.8%上昇 し、円が0.9%下げた。

ウエストパック銀行のチーフ為替ストラテジスト、ロバート・レニ ー氏(シドニー在勤)は27日の電話インタビューで「安倍首相は自らの 政策を積極的に進める必要がある。そうできると思えない場合、市場は 失望し、円が上昇すると私は考えている」と述べた。

同氏は「今年先に見られていた景気の勢いが衰えつつある事実を日 本株は反映し始めている」とも語り、円が年内に1ドル=98円になると の予想を示した。

原題:Yen’s Rising Correlation With Stocks Undermines Abe: Currencies(抜粋)

--取材協力:Mariko Ishikawa. Editor: Rocky Swift

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE