JPモルガンに5820億円の支払いを米住宅金融局が要求-関係者

米銀最大手のJPモルガン・チェー スが、ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸 付抵当公社)に売却した住宅ローン担保証券(RMBS)をめぐる民事 訴訟で、米連邦住宅金融局(FHFA)が和解の条件として少なくと も60億ドル(約5820億円)の支払いを求めていることが明らかになっ た。

事情に詳しい関係者1人が協議の非公開を理由に匿名で語った。 JPモルガンはFHFAの直近の要求に抵抗しているという。

ファニーメイとフレディマックが2008年に政府の管理下に置かれた 際に納税者が負担した損失の回収を目指すFHFAは、JPモルガンと 他の17の銀行が売却したRMBSに問題があったと主張し、これらの銀 行を2年前に提訴した。ファニーメイとフレディマックは政府の管理下 に入った後、1875億ドルの公的資金による支援を受けた。

FHFAの報道官ピーター・ガルチオ氏とJPモルガンの広報担当 ジャスティン・ペラス氏は、いずれもコメントを控えている。少なくと も60億ドルの和解金支払い要求については、英紙フィナンシャル・タイ ムズが27日、先に報じていた。

原題:FHFA Said to Seek $6 Billion Minimum for JPMorgan Bad Loans (1)(抜粋)

--取材協力:Karen Gullo、Clea Benson. Editors: Christine Harper, Dan Reichl

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE