NY銅:上昇-米中の指標好調で需要改善の兆候強まる

27日のニューヨーク銅先物相場は上 昇。米国の消費者信頼感と中国の工業利益が上向いたことで、世界の2 大銅消費国である両国で需要改善の兆候が強まった。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが27日発表した8月の消 費者信頼感指数は81.5と、前月の81.0(速報値80.3)から上昇した。中 国国家統計局が27日発表した7月の工業セクター企業の純利益は前年同 月比12%増加した。6月は同6.3%増だった。

T&Kフューチャーズ・アンド・オプションズ(フロリダ州ポート セントルーシー)のマイケル・スミス社長は電話インタビューで、「米 国経済が順調に推移していることは、銅相場を支えるのに十分だ」と指 摘。「中国の指標でこのような伸びが引き続き見られれば、銅相場は上 昇を続けるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限は前日比0.3%高の1ポンド=3.3355ドルで終了。先月末から は7%上昇しており、このままいけば月間ベースでは昨年9月以来の大 幅な上げとなる見通し。

原題:Copper Advances on Signs of Improving Demand in U.S. and China(抜粋)

--取材協力:Claudia Carpenter. Editor: Thomas Galatola

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE