日航787型機、成田空港に引き返し-翼の一部に不具合表示で

27日夜、成田発米サンディエゴ行き の日本航空66便、ボーイング「787」(ドリームライナー)が翼の一部 に不具合があることを示す表示が出たため成田空港に引き返した。

日航の広報担当キャロル・アンダーソン氏は電子メールで、翼の高 揚力装置(スラット)の不具合が表示されたたため、同機は離陸の80分 後に引き返したと説明した。

スラットは翼の前縁部にある装置で、離着陸時に揚力を増すために 使用される。

原題:JAL Dreamliner Returns to Tokyo on Wing-Slat Maintenance Alert(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE