8月27日の米国マーケットサマリー:円は全面高、株は続落

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。(表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3389   1.3368
ドル/円             97.11    98.51
ユーロ/円          130.02   131.69


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       14,776.13     -170.33   -1.1%
S&P500種           1,630.48     -26.30    -1.6%
ナスダック総合指数    3,578.52     -79.05    -2.2%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .36%        -.01
米国債10年物     2.71%       -.07
米国債30年物     3.70%       -.07


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,420.20    +27.10   +1.95%
原油先物         (ドル/バレル)  108.82     +2.90    +2.74%

◎NY外為市場

27日のニューヨーク外国為替市場では円が対ユーロで約8週間ぶり の大幅高。新興市場国通貨が下落し、安全性を求める動きが活発になっ た。

円は対主要16通貨すべてに対して上昇。スイス・フランは円を除く すべての主要通貨に対して上昇した。ボラティリティーを示す指数が2 カ月ぶりの高水準をつけると、ユーロは対ドルでの下げから上昇に転じ た。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は、「政治的なニュースが市場を支配し、リスク 回避の動きが強まっているため、G10通貨の中では円やスイス・フラン が最も買われている」と述べ、新興市場からの「本格的な資金流出が再 開されている兆しがある」と指摘した。

ニューヨーク時間午後3時18分現在、円は対ユーロで1.3%上昇し て1ユーロ=129円94銭。値上がり率は一時、日中ベースで7月3日以 来で最大となる1.4%に達した。円は対ドルで1.5%上昇して1ドル=97 円07銭。7月10日以来の大幅高となった。ドルは対ユーロで0.2%下げ て1ユーロ=1.3388ドル。一時は0.3%上昇していた。

◎米国株式市場

米株式相場は続落。S&P500種株価指数は6月20日以来の大幅安 となった。シリアへの軍事攻撃の可能性が高まっていることを嫌気して 売りが膨らんだ。8月の米消費者信頼感指数が予想外に上昇したもの の、あまり材料視されなかった。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比1.6%安の1630.48と、終値ベースでは7月3日以来の安値と なった。ダウ工業株30種平均は170.33ドル(1.1%)下げて14776.13ド ルで終えた。

ハンティントン・アセット・マネジメント(オハイオ州コロンバ ス)のランディ・ベイトマン最高投資責任者(CIO)は「市場参加者 は情勢を見守っている。これはエスカレートするのかどうか。エネルギ ー価格が大きく上げれば、最近見られる景気の強さの全てを弱めること になるのかどうか。食料と燃料価格の上昇と同じ時期に住宅価格が上げ 始めれば、インフレが加速する可能性があり、金融政策に影響を与える だろう」と語った。

◎米国債市場

米国債相場は4営業日続伸。シリアでの混乱で軍事衝突が激しさを 増すとの懸念から逃避需要が強まった。この日の2年債入札(発行 額340億ドル)では、最高落札利回りが市場予想を下回った。

10年債はここ6週間で最長の連続上昇となっている。オバマ米政権 はシリアに対する限定的な攻撃について法的および政治的な正当性を確 立するための調整を進めていると、米政府当局者の1人が述べた。化学 兵器使用に対して国際社会として糾弾することが目的だという。2年債 入札の最高落札利回りは0.386%、入札直前の市場予想は0.390%だっ た。ニューヨーク連銀は債券購入プログラムの一環として、2017年8月 から18年5月に償還を迎える米国債52億ドル相当を買い入れた。

RWプレスプリッチの政府債取引担当マネジングディレクター、ラ リー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は「シリアの状況は何らか の行動につながりそうだ。よって安全を求めた買いが米国債に入ってい る」と分析。「入札はまずまずだった。予想通りの結果となった」と続 けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後3時14分現在、10年債利回りは前日比7ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の2.72%。利回りの4日連続低下は7月11日以降 で最長。同年債(表面利率2.5%、2023年8月)価格は18/32上げて98 3/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は大幅反発。5月以来の高値となった。シ リアをめぐる政治的緊迫が高まったことを背景に、価値保存手段として の金買いが活発になった。

ケリー米国務長官は、シリアが化学兵器を使用した責任を問われる との見解を示した。金は6月につけた2年10カ月ぶり安値であるオンス 当たり1179.40ドルから20%持ち直している。割安感から宝飾品やコイ ン、延べ棒の需要が増加した。

アーチャー・フィナンシャルのシニア市場ストラテジスト、アダ ム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話取材で、「シリアは 金にとって新たな強材料だ」と指摘。「金への関心が再び高まってい る」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比1.9%高の1オンス=1420.20ドルで終了。15日以来の大幅 上昇となった。一時は1424ドルと、中心限月としては5月15日以来の高 値をつけた。

◎NY原油先物

ニューヨーク原油先物相場は急反発。シリア情勢の緊張で中東から の原油供給が滞る恐れがあるとの見方から、1年半ぶりの高値に達し た。

シリアのムアレム外相は27日、米国やその同盟国が軍事行動に出た 場合、シリア軍の防衛力に「驚く」だろうと語った。ロイター通信が複 数の関係者を引用して報じたところによると、西側諸国は数日内にアサ ド大統領の政府軍を攻撃する用意があると、シリアの反政府勢力に伝え た。

BNPパリバの商品市場戦略責任者、ハリー・チリンギリアン氏 (ロンドン在勤)は「シリアの地政学的緊張は確実に一段階高まった。 その幅は非常に大きい」と述べた。「問題はシリア紛争の拡大が中東全 域の主要供給源にどう影響するかだ。とりあえずロングにしておいて、 次の展開を待つというのが市場の姿勢だ」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前日 比3.09ドル(2.91%)高の1バレル=109.01ドルで終了。終値として は2012年2月24日以来の高値。値上がり率は5月2日以来で最大。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE