インド株(終了):約1週ぶり大幅安-ルピー過去最安値を更新

27日のインド株式相場は約1週間ぶ りの大幅安となった。指標のS&Pセンセックス指数は前日まで3営業 日続伸していた。通貨ルピーが対ドルで過去最安値を更新したことで、 インドからの資本流出が加速するとの懸念が高まった。

HDFC銀行はここ4年余りで最もきつく下げ、13銘柄から成る銀 行指数は1年7カ月ぶり安値となった。インド最大のエンジニアリング 会社、ラーセン・アンド・トゥブロは2012年1月以来の安値まで売り込 まれた。国内最大の発電機メーカー、バーラト重電機は10%の大幅下 落。

27日の外国為替市場でルピーはドルに対し下げ、一時は過去最低の 1ドル=66.0775ルピーとなった。

ムンバイ市場でのセンセックス指数は前日比590.05ポイント (3.2%)安の17968.08で終了。ルピー安阻止の措置が経済成長を損ね るとの懸念が広がる中、同指数は年初来高値を付けた7月23日以 来、12%下げている。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、海外勢は6月1日以 降、インドの株式・債券から120億ドルの資金を引き揚げている。

原題:Indian Stocks Tumble Most in a Week as Rupee Sinks to Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE