香港株(終了):下落-米のシリア批判で緊張高まるとの懸念

香港株式相場は下落。オバマ米大統 領がシリア政府に化学兵器使用の責任を問うとの認識をケリー米国務長 官が示したことで、緊張が高まるとの懸念が広がった。

売上高の半分を米国で稼ぐスピーカー製造の瑞声科技(AACテク ノロジーズ・ホールディングス、2018 HK)は2.1%安。中国南方航空 (1055 HK)は1-6月(上期)決算が市場予想に届かず3.8%安。一 方、菓子メーカーの中国旺旺(151 HK)は、決算内容が市場予想を上回 り9.6%高。

ハンセン指数は前日比130.55ポイント(0.6%)安の21874.77で終 了。下落率は1週間ぶりの大きさ。ハンセン中国企業株(H株)指数は 同0.9%安の9988.23。

BTIG香港のマネジングディレクター、クリスチャン・キールラ ンド氏は、「地政学的リスクは気掛かりだが、最大の懸念は依然として 米景気刺激策の縮小だ」と指摘。来月の米連邦公開市場委員会 (FOMC)まで、投資家は慎重姿勢を崩さないだろうと語った。

原題:Hong Kong Stocks Fall After Kerry’s Syria Comments Fuel Tensions(抜粋)

--取材協力:Kana Nishizawa. Editor: Jim Powell

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE