金鉱株に投資へ、金値下がりで買い場-香港・カナダ合弁CEF

香港のチョンコン・ホールディング ス(長江実業集団)とカナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コ マース(CIBC)の合弁会社、CEFホールディングスは金鉱株への 投資を検討している。金価格下落で買いの好機となっているためだ。

CEFのウォーレン・ギルマン最高経営責任者(CEO)は26日に 香港でインタビューに応じ、「長期的に金の立場は良い」と述べた。金 相場は年間ベースで2000年以来の下落に向かっており、11年9月に付け た過去最高値の1オンス=1921.15ドルからは27%値下がりしている。

アジア一の富豪、李嘉誠氏が率いるチョンコンとCIBCが折半で 出資するCFEは、世界の資源会社への投資に重点を置いている。

原題:Li Ka-Shing-Backed CEF Seeking to Make Gold Investments (1)(抜粋)

--取材協力:Glenys Sim. Editors: Madelene Pearson, Keith Gosman

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE