コーヒー生豆在庫、2000年以来の低水準に減少か

ロブスタ種コーヒー生豆の在庫が13 年ぶりの低水準に落ち込むとの見方が広がっている。インドネシアでの 豪雨で供給が減少する一方、ベトナム産の生豆が出荷されるのは約3カ 月後になるためだ。

民間気象予報会社MDAウェザー・サービシズによると、インドネ シアの主要産地の4月以降の降雨量は過去30年平均の最大2倍に上って いる。インドネシアはベトナム、ブラジルに次ぐコーヒー生豆生産国。

ブルームバーグがトレーダー10人を対象に実施した調査の平均値で は、NYSE・Liffeの指定倉庫の生豆在庫は年末までに34%減少 し5万2000トンと、2000年5月以来の低水準になる見通し。7人の回答 の平均値では、コーヒー先物相場は年末までに13%上昇し1トン当た り2000ドルになると予想されている。

原題:Coffee Reserves Seen at 2000 Low on Indonesian Rain: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE