英国人容疑者が違法な個人情報収集を認める-中国公安省

中国公安省は27日、多国籍企業にコ ンサルティングサービスを提供する企業の英国人創業者が違法に中国の 一般市民の情報を集め販売していたことを認めたと発表した。

同省の声明によれば、チャイナホワイズ(中慧)を設立したピータ ー・ハンフリー容疑者とその米国籍の妻、虞英曾容疑者が犯罪行為を悔 やみ「中国政府に謝罪」した。上海で16日逮捕された両容疑者は住所や 家族の氏名といった個人情報を違法に集め、主に外資系メーカーや金融 機関、法律事務所に販売したと同省は説明している。

両容疑者の逮捕が英製薬会社グラクソ・スミスクラインをめぐる贈 収賄調査と関連があるかどうかについて、声明は言及していない。ロイ ター通信は、公安省がグラクソ幹部が調査対象となっていることを発表 した前日に当たる7月10日にこの夫婦が初めて当局に拘束されたと報じ ていた。

グラクソ広報担当のギャリー・ダニエルズ氏は今月21日の電子メー ルで、ハンフリー容疑者がグラクソの従業員だったことはないとコメン トしている。

原題:China Says Briton Admits Illegally Gathering Data Amid Probe (1)(抜粋)

--Daryl Loo, 取材協力:Stephen Tan. Editors: Gregory Turk, Allen Wan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE