みずほ証:甘利大臣が投資家会議で講演-国内外の出席最多に

みずほフィナンシャルグループは9 月に開催する投資家フォーラムで、甘利明経済再生担当大臣を基調講演 のスピーカーとして招く。アベノミクスの「第3の矢」である成長戦略 をはじめ政策の行方を見極めようと、国内外から過去最多となる1500人 超の機関投資家が参加を予定している。

みずほ証券の長手洋平グローバル・パンアジア・エクイティヘッド はブルームバーグ・ニュースの取材に対し、米国、アジア、欧州からヘ ッジファンドなど320人、国内からは1200人の機関投資家が出席すると 述べた。これとは別に今回のフォーラムには初めて債券投資家200人も 参加するという。今年2回目となる「みずほインベストメントコンファ レンス」は9月9日から12日まで東京都内で開かれる。

日経平均株価は安倍晋三政権発足後のピークだった5月から約13% 下落し、出来高は3分の1に減少している。安倍首相は消費税率引き上 げをまだ最終判断していないほか、東京電力福島第一原子力発電所から の高濃度汚染水の漏えいや、アジア近隣諸国との外交問題など国内外の 課題が山積する中、日本の株式市場には不透明感が漂っている。

みずほ証の長手シニアエグゼクティブは、海外投資家について「日 本株への関心は依然として非常に高い」と述べた。その上で「アベノミ クスで構造改革は進むのか、チェンジやリフォームが本当にあるのかを 確認したがっている」と来日の動機に触れ、「政府関係者が言うこと、 決めることは今後一層重要になる」との見方を示した。

機関投資家に宛てた案内状によれば、甘利氏の講演は9日正午から 皇居近くのパレスホテルで開催される。テーマは「アベノミクス秋の陣 (仮題)」で、安倍政権による経済政策の具体化に注目が集まる中、新 たな成長戦略についてスピーチが行われる予定だ。みずほFGの佐藤康 博グループCEOも10日に講演する。

個別ミーティング、人気10社

フォーラムでは政府関係者や企業トップによる講演のほか、大学教 授やアナリストらによるパネルディスカッション、日本企業約300社と 投資家との2500件に上る個別ミーティングなどが予定されている。

みずほ証によれば、個別ミーティングの人気企業10社は三菱地所、 三井不動産、ソフトバンク、KDDI、楽天、ヤフー、ダイキン工業、 ユニ・チャーム、セブン&アイ・ホールディングス、アイシン精機。

みずほの投資家フォーラムは2007年に始まった。年に2度開催され るのは今回が初めて。約1500人の株式投資家に、日本国債や社債など債 券投資家を加えた参加登録人数はアベノミクスへの関心の高さから全体 で1700人を超えた。2月の投資家会議では海外から160人、国内から700 人が参加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE