メルケル独首相、ユーロ反対派をけん制-現在の方針堅持が必要

ドイツのメルケル首相は26日、ドイ ツ東部で行われた選挙集会で演説を妨害するユーロ反対派をけん制し、 3期目の続投が決まっても欧州全体の経済改革の要求を緩める考えはな いと述べた。

反対派がユーロ圏の中で経済が弱い国が身代金目当てにドイツを人 質に取っていると訴えるプラカードを振りかざす中、メルケル首相はザ クセン州ツウィッカウに集まった聴衆に演説した。首相率いるキリスト 教民主同盟(CDU)の主催者によると、聴衆の数は約6000人に上っ た。

メルケル首相は「ユーロがわれわれの利益になると強く確信してい る。あなた方が叫んでも状況は良くならないだろう」と言明。ドイツ政 府が「支援を常に条件付きで行うことを主張してきた」とした上で、 「われわれは現在の方針を堅持する必要がある」と強調した。

原題:Merkel Rebuffs Anti-Euro Hecklers Citing Need to Stay the Course(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE