アルゼンチン大統領:債務スワップ再開に向け法案提出へ

アルゼンチン政府は2001年の国債デ フォルト(債務不履行)後の債務再編に応じなかった債権者に対する債 務スワップを再開する法案を27日に議会に提出する。フェルナンデス大 統領が明らかにした。

フェルナンデス大統領はテレビ演説で、新たな債務スワップ法案が 議会の承認を得られた場合、2005年と10年の債務再編で発行されたのと 同じ証券との交換をデフォルト債保有者に提案すると説明。債務再編に 応じなかった債権者に有利な米裁判所の判断を受けて支払いが混乱する のを避けるため、債務再編で最大70%のディスカウントを受け入れた国 債保有者はアルゼンチンの法律に基づく証券と交換することが可能にな ることも明らかにした。

ニューヨークの米連邦高裁は23日、債務減免に応じなかったアルゼ ンチン国債保有者にも元本支払いを命じた下級審の判断を支持し、アル ゼンチンの控訴を退けた。アルゼンチンは米裁判所の判断は債務減免を 受け入れた投資家に犠牲を強いるものであり、同国の主権を侵害してい ると反発していた。

原題:Argentina to Reopen Debt Swap After Adverse U.S. Court Ruling(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE