日産、米州で200万台強の生産能力確保-米国やメキシコに投資

米州諸国での生産拡大に取り組んで いる日産自動車は、来年初めまでに同地域で年間200万台強の生産能力 を確保することを明らかにした。

日産の26日の発表によると、日産は米国やメキシコ、ブラジルでの 生産能力拡大で50億ドル(約4900億円)強を投じる。別の発表資料によ ると、米国での生産能力拡大は、テネシーとミシシッピ州の工場からの 輸出を約2倍に増やすことに寄与する見通し。

日産は大震災に伴う一部供給業者への影響や円相場が対ドルで過去 最高値を記録したことを受けて、北米での生産能力の拡大に熱心に取り 組み始めた。円はこの1年間、軟調に推移しているが、日産はこの方針 を撤回していない。

同社はメキシコ第3工場とブラジルの新工場設立に加え、米工場の 設備更新で北米と南米の雇用が約1万人増えると説明している。

原題:Nissan to Be Able to Make More Than 2 Million Autos in Americas(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE