米消費者信頼感指数:8月は81.5に上昇、期待が改善-現況低下

8月の米消費者信頼感指数は前月か ら上昇した。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが27日発表した8月の消 費者信頼感指数は81.5と、前月の81.0(速報値80.3)から上昇した。ブ ルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は79だった。

現況指数は70.7と、前月の73.6から低下。一方、今後6カ月間の期 待指数は88.7と、前月の86から上昇した。

UBSセキュリティーズのエコノミスト、サミュエル・コフィン氏 は「家計部門は引き続き改善しており、改善の大部分は住宅価格に起因 している」と述べた。

今後6カ月間にビジネス環境が改善すると回答した割合は20.1% と、前月の19.9%から上昇。また雇用が増えると回答した比率は17.6% と、前月の16.7%を上回った。

今後6カ月に所得が増えると答えた割合は17.4%と、前月の15.7% から上昇し、2011年2月以来の高水準。

現在は職が不十分との回答比率は55.6%で、前月の52.5%から上昇 した。

覧ください。

原題:Consumer Confidence in U.S. Unexpectedly Climbed in August (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton. Editors: Vince Golle, 千葉 茂

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE