NY銅:3日ぶり下落-米製造業耐久財受注が予想以上に減少

26日のニューヨーク銅先物相場は3 営業日ぶりに下落。米製造業耐久財受注が予想以上に減少し、世界2位 の銅消費国である米国で需要の伸び鈍化が示唆されたとの懸念が広がっ た。

米商務省の26日の発表によると、製造業耐久財受注額は7月 に7.3%減少。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想中央値は 4%減だった。銅相場は年初来で8.9%下落している。

ロング・リーフ・トレーディング・グループ(シカゴ)のシニア市 場ストラテジスト、ブライアン・ブース氏は電話取材で、「製造業耐久 財受注は大きく失望させる内容だった」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限は前週末比0.9%安の1ポンド=3.327ドルで終了。一時 は3.395ドルと、6月5日以来の高値を付けた。

原題:Copper Drops After U.S. Durable Goods Fall More Than Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE