インド株(終了):3日続伸、資本財とソフトウエア銘柄が主導

インド株式市場では指標のS&Pセ ンセックス指数が3営業日続伸。資本財とソフトウエア銘柄がけん引し た。

バーラト重電機は4日続伸し、機械メーカーの業種別指数の上げを 主導。同指数の3日間での上昇幅は約2カ月で最大となった。ソフトウ エア輸出でインド最大手のタタ・コンサルタンシー・サービシズの3日 での上げは1カ月余りで最大。ヘクサウェア・テクノロジーズは11カ月 ぶり高値。ベアリング・アジアが出資に合意したことに反応した。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前週末比38.69ポイント (0.2%)高の18558.13で終了した。

原題:Most Indian Stocks Climb as Capital Goods, Software Advance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE