香港株(終了):反発-米住宅統計で刺激策縮小の見方が後退

香港株式相場は上昇。週間ベースで 2カ月ぶりの大幅安となっていたハンセン指数が反発した。先週末発表 された7月の米新築住宅販売の大幅減少を受け、米連邦準備制度理事会 (FRB)が9月に景気刺激策を縮小するとの見方が後退した。

アジア最大の製油会社、中国石油化工(386 HK)は1.9%高。25日 に1-6月(上期)の増益を発表した。招金鉱業(1818 HK)は、金価 格が6月以来の1オンス=1400ドル台乗せとなったことから8.0%高。 時価総額で中国最大の石炭会社、中国神華能源(1088 HK)は1-6月 期の利益が市場予想を上回って3.7%高。

ハンセン指数は前週末比141.81ポイント(0.7%)高の22005.32で 終了。前週は週間で2.9%下落していた。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前週末比1.4%高の10075.09。

第一上海証券のストラテジスト、ライナス・イップ氏(香港在勤) は株価が「先週の調整を経て、テクニカルに反発して堅調となったよう だ」とコメント。市場では、FRBが債券購入の縮小を開始する時期が 主要な注目点だと指摘した。

原題:Hong Kong Stocks Climb After U.S. Home Sales Temper Fed Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE