KPN、独携帯事業売却でアメリカ・モビルの支持を確保

オランダの電話会社ロイヤルKPN は、ドイツの携帯電話事業Eプルスをテレフォニカ・ドイチュラント・ ホールディングに売却する計画について、少数株主であるメキシコのア メリカ・モビルの支持を確保した。

テレフォニカ・ドイチュラントの26日の発表資料によると、資産家 カルロス・スリム氏率いるアメリカ・モビルはKPNのEプルス売却案 に「賛成票を投じることを取り消し不能の形で約束した」という。

KPNは先週、売却案に関する株主投票が10月2日にハーグで行わ れると明らかにしていた。これとは別にアメリカ・モビルはKPNの未 保有株を72億ユーロで取得することを提案している。

原題:KPN Wins America Movil’s Support for Sale of German Business(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE