AMPのナエイミ氏、11年来初の株保有縮小-米株10%下落予想

オーストラリア最大の資産運用会社 傘下のAMPキャピタル・インベスターズで資産配分責任者を務めるネ ーダー・ナエイミ氏(シドニー在勤)は、2011年以降で初めて株式の保 有を減らしている。米金融当局の景気刺激策縮小で米国株が年末まで に10%下落すると予想しているためだ。

ナエイミ氏は先週電話取材に答え、米当局が月間850億ドルの資産 購入プログラムの縮小に向けて準備を進めていることに照らし、株価上 昇は行き過ぎていると指摘した。同プログラムを追い風に、S&P500 種株価指数は今月、過去最高値を更新した。来月に行われるドイツ総選 挙やバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の後任人事をめぐ る不透明感も世界の株式相場の重しとなるだろうとナエイミ氏は分析し た。

同氏は「現時点では現金が最も安全だ」との見方を示し、「12年以 降に起こったどの下落局面よりもはるかに大幅な反落を予想している」 と語った。

米当局の緩和縮小計画が株式や債券、商品相場に打撃を与えてい る。S&P500種は今年に入り17%上昇しているが、年末までに少なく とも10%下落する公算が大きいと、ナエイミ氏は予想。同氏は5月に始 まったTOPIXの調整を正確に予測していた。

原題:AMP’s Naeimi Cuts Stocks for First Time Since 2011 for Cash (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE