Fリテイリ:香港上場を計画、来年前半めど、9月にも申請へ-関係者

ファーストリテイリングが来年前半 に香港市場への上場を計画していることが分かった。9月にも香港証券 取引所に上場を申請する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

新株発行は行わず、資金調達を伴わない上場となる見通し。上場後 は、同取引所で同社の香港預託証券(HDR)の取引が可能になる。

2020年に売上高5兆円の目標を掲げるFリテイリの柳井正最高経営 責任者(CEO)は同社ウェブサイトで、中国を「最も重要な市場」と 位置付け、最終的に3000店舗の展開を目指すと表明している。同社株は 現在東証のほか、米国やドイツでも取引されている。香港上場は投資家 層の多様化や中国市場での知名度向上につながる。

Fリテイリ傘下の主力ブランド「ユニクロ」は2月末現在で、中国 に182店を出店。また香港では16店を運営している。この秋には「ユニ クロ」ブランドとして世界最大規模となる旗艦店を上海に開店する予 定。2012年8月期の同社の売上高のうち約77%は日本国内が占めてい る。

Fリテイリの広報担当者は香港上場計画についてコメントを避け た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE