ドイツ財務相:ギリシャ債務の新たな減免拒否-追加支援は必要

ドイツのショイブレ財務相は、新た なギリシャ債務の減免が必要との議論を受けて、ギリシャが追加的な支 援プログラムの提供を受けると発言せざるを得なくなったと語った。

ショイブレ財務相は財務省の一般公開のイベントで、最初のギリシ ャ債務減免が特例だという約束を考えると、ユーロ圏の債務危機をあお りかねないため、「新たな債務減免が行われるという議論は危険だっ た」と主張。「マルタのどこかで問題が発生し、スペインで金利が上昇 し、景気が下降するような事態を是が非でも回避したかった」と述べ た。

財務相は「ギリシャの債務減免は行われないが、それは来年何もす る必要がないことを意味するわけではないと明確にしておく必要があっ た。政府は選挙を控えて分かっていることを話さないと言われるのを避 けたかった」と説明した。

ギリシャのストゥルナラス財務相は、同国紙プロト・テマとのイン タビューで、100億ユーロ(約1兆3200億円)相当の支援が必要になる 可能性があると発言。新たな債務減免は協議されていないとした上で、 ギリシャは基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化を達成す れば、融資の返済期限延長と金利の引き下げが認められるだろうと語っ た。

原題:Schaeuble Says Debt-Cut Talk Led Him to Make Greek Aid Comment(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE