NY外為:ドル上昇、根強い9月の緩和縮小観測

26日のニューヨーク外国為替市場で ドルが主要16通貨の過半数に対して上昇した。朝方発表された米耐久財 受注が予想より悪かったものの、市場参加者の間では引き続き米金融当 局が来月の会合で債券購入の縮小を決定するとの見方が維持された。

ブルームバーグ米ドル指数は上げ幅を縮小。ケリー米国務長官はオ バマ大統領が国民への化学兵器の使用という「倫理に反する卑劣な行 為」についてシリア政府に責任を取らせると述べた。トルコ・リラは最 安値を更新。同国中銀は6日ぶりにレポを再開した。

ファロス・トレーディング(コネティカット州スタンフォード)の 調査責任者、ダン・ドロー氏は、「明らかに弱い経済統計だった。市場 の直後の反応は正しかった」と述べ、「しかしこれは9月の緩和策縮小 という大筋の見方を変えるほど十分な材料なのだろうか。ドルが上げを 取り戻したことからも分かるように、この統計は緩和縮小見送りに至る 決定的な材料ではない」と指摘した。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ米ドル指数 は0.1%上昇して1027.53。ドルは対円で0.2%下げて1ドル=98円51 銭。一時は0.6%まで下げた場面もあった。ドルは対ユーロで0.1%上昇 して1ユーロ=1.3368ドル。ユーロは対円で0.3%安の1ユーロ=131 円69銭。ロンドン金融市場は祝日で休場。

米国のシリア介入の可能性

ケリー長官はワシントンで記者団に対し、オバマ大統領は「世界で 最も不安定な状況に置かれている人々に対して、最も凶悪な武器を使用 する勢力がいるのであれば、彼らはその責任を負うべきであると確信し ている」と述べた。

匿名を条件に内部事情を語った米政権当局者によると、大統領はシ リアに軍事行動を起こすかどうかは決定していない。

トルコ・リラはドルに対して0.5%安の1ドル=1.9967リラ。一 時1.9995リラの最安値まで下げた。

イスタンブールのING銀行で通貨トレーディングの責任者を務め るバーチン・メチン氏は「中銀が流動性を供給した。これはネガティブ な材料だ」と述べ、「今のところリラについて前向きになれる理由は何 もない」と続けた。

米耐久財受注統計

米銀が決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)へ提出したデータをブルームバーグがまとめたところによ ると、外為オプションの店頭取引は合計160億ドル。前営業日は170億ド ルだった。この日の総額のうち対円でのドルのオプション出来高は46億 ドルで、シェアは29%と最大。

ドルは一時、耐久財受注統計を手がかりに売られていた。米商務省 の発表によると、製造業耐久財受注額は7月に前月比で7.3%減少 と、2012年8月以来で最大の減少率となった。ブルームバーグがまとめ たエコノミスト予想中央値は4%減だった。前月は3.9%の増加だっ た。

HSBCホールディングスの為替ストラテジスト、ロバート・リン チ氏は、統計内容が「第3四半期は全体的な企業設備投資が一部の予想 よりもある程度軟調なペースになる可能性があることを示している」と 述べ、「必ずしもドルがこれ以上大きく下落するとはみていないが、こ の日はこれ以外に材料がないので、短期的にはドル売りの材料にはな る」と指摘した。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ドルは年初から4.9%上昇、ユーロは6.4%上昇、円は9%下げ ている。

原題:Dollar Advances With September Taper Seen Intact; Lira Slumps(抜粋)

--取材協力:Jeanette Rodrigues、Selcuk Gokoluk. Editors: Kenneth Pringle, Greg Storey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE