黒田日銀総裁:量的緩和で金融市場や企業金融が好転

黒田東彦日銀総裁は24日、米ワイオ ミング州ジャクソンホールで開かれたカンザスシティー連銀主催のシン ポジウムで講演した。日銀が講演の抄訳をウェブサイトに掲載した。

黒田総裁は「日本の非伝統的金融政策と国際金融システム安定に向 けた取り組み」と題した講演の中で、量的・質的金融緩和の効果とし て、「金融市場や企業金融が好転している。株価は上昇しており、長期 金利は一時的にボラティリティが高まる局面もあったが、足元では海外 で金利が上昇する中にあっても、ほぼ横ばいで推移している」と述べ た。

さらに「消費者マインドや企業の業況感が大幅に改善している」と し、「多くの指標で予想物価上昇率が上昇していることを示している。 名目金利の低位安定と相まって実質金利の引き下げに効果を発揮してい る」と強調した。

黒田総裁は「実体経済や物価が好転している。個人消費が底堅く推 移し、設備投資は持ち直しに向かう動きが見られている」と指摘した。

量的緩和の政策的帰結として、「日本の潜在成長力が回復すれば投 資機会が増え、自然利子率の上昇という形になって現れてくる」と説 明。自然利子率を高く維持する意義について、「さまざまなショックに 対する耐性を高める点で重要だ。自然利子率が上昇すれば、政策金利が 再びゼロの下限にヒットする可能性が低下し、日本経済の耐性が高ま る」との見方を示した。

日本の非伝統的な金融政策と国際資本フローの関係については「か なり複雑で、金融緩和を行ったからといって、必ずしも資本が海外に流 出するとは限らない。成長期待が高まれば資本が流入してくることもあ る」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE