テーラー教授:FRB量的緩和策の縮小は「早いほど良い」

米スタンフォード大学のジョン・テ ーラー教授は23日、米連邦準備制度理事会(FRB)は債券購入の縮小 をできるだけ早く始めるべきだとの見解を示した。

金融政策の指針「テーラールール」の考案者として知られる同教授 はカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムで開かれているワイオ ミング州ジャクソンホールでブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーに応じ、「始めるのは早ければ早いほど良い」と指摘。政策当局者は 「それが戦略の一つであり、調整され得ることを示すべきだ」と述べ た。

原題:Stanford’s Taylor Says ‘Sooner the Better’ for Fed to Unwind QE(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE