JPモルガンがコルレス銀行業務見直し-新規取引を見合わせ

米銀JPモルガン・チェースはコル レス銀行業務を手掛ける部門の見直しを行っており、同業務で外銀との 新規取引を見合わせている。同行はマネーロンダリング(資金洗浄)防 止策の手順に不備があると当局に指摘されていた。

広報担当のブライアン・マーチオニー氏によると、同行は先週配布 したメモで、トレジャリー・サービス部門がコルレス銀行業務の新規顧 客を受け入れず、既存の顧客とも新たな取引は行わないと通達した。既 存の顧客関係を見直すためという。同メモについては米紙ウォールスト リート・ジャーナルが先に報じていた。

マーチオニー氏は電子メールで、「金融機関へのコルレス銀行業務 のサービス提供は当行の中核となる強みだった。これからもそうあり続 ける。長期的に責任を果たせるよう体制を整えるため、特定の市場につ いて、いったん立ち止まって当行の事業を評価することが重要だ」と説 明した。

米通貨監督庁(OCC)は1月、マネロン対策でJPモルガンの 「内部統制と独立した検査の制度は不十分」だとして是正命令を出し た。

原題:JPMorgan Reviews Dealings With Foreign Banks After Consent Order(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE