米証取運営のバッツとダイレクト・エッジが合併協議-関係者

証券取引所を運営する米バッツ・グ ローバル・マーケッツと米ダイレクト・エッジ・ホールディングスが合 併協議を行っている。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。それに よると、協議は進行中で合意に至らない可能性もある。

取引所運営大手では、米インターコンチネンタル取引所(ICE) が、ニューヨーク証券取引所(NYSE)を傘下に抱えるNYSEユー ロネクストの買収手続きを完了する準備をしている。バッツとダイレク ト・エッジの合併が実現すれば、ICEのNYSE買収で誕生する新会 社に次ぐ2位となる。

デーブ・カミングス氏が創業したバッツは、ダイレクト・エッジと ともにNYSEとナスダックによる米株式市場の複占を取り崩すのに貢 献した。

ダイレクト・エッジ広報担当のジム・ゴーマン氏、バッツ広報のス ーザン・オハロラン氏はいずれもコメントを控えた。

原題:Bats Said in Talks to Merge With Exchange Competitor Direct Edge(抜粋)

--取材協力:Sam Mamudi、Whitney Kisling. Editors: Chris Nagi, Lynn Thomasson

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE