インドネシアがルピア防衛策-外貨供給の拡大などを発表

インドネシア当局は通貨ルピアの下 落に歯止めをかけるため、外貨の供給を増やす策を発表した。経常赤字 の縮小と成長てこ入れのために今年認める鉱物輸出の量を拡大すること も明らかにした。

ハッタ・ラジャサ経済担当調整相は23日、鉱物輸出の割当量に関す る規制を緩和するとともに、より簡素な投資認可手続きを導入し、一部 インフラ事業を加速させる方針を明らかにした。一方、インドネシア中 央銀行のマルトワルドヨ総裁は、外貨建て預金の期間の拡充や外為取引 の規制緩和を発表した。

インドネシアの4-6月(第2四半期)の経常赤字は過去最大に膨 らみ、経済成長率は予想を下回った。物価統計も予想以上に悪化し、同 国株式相場は大幅に下落。ルピアは2009年4月以来の安値を付けた。マ ヘンドラ・シレガル副財務相は23日、約50億ドル(約4900億円)の世界 銀行のスタンドバイ融資をより容易に利用できるよう、いわゆるトリガ ーポイントの修正について交渉していることを明らかにした。

ハッタ・ラジャサ調整相は「現状は安全だが、最近の出来事を踏ま え、警戒を強める必要がある」と説明。「短期的には政府と中銀が特に 金融セクターと国際収支の面でマクロ経済的安定を守る措置を取る。こ うした取り組みが構造政策とともに経済成長を現実的な水準に保つ」と 述べた。

原題:Indonesia Raises Dollar Supply to Ore Exports to Help Rupiah (1)(抜粋)

--取材協力:Agus Suhana、Neil Chatterjee、Yoga Rusmana、Eko Listiyorini、Yudith Ho、Widya Utami、Harry Suhartono、Yanping Li、Khalid Qayum、Richard Frost、Malcolm Scott. Editors: Andrew Janes, Shamim Adam

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE