香港株(終了):下落-ハンセン指数は週間で2カ月ぶり大幅安

香港株式相場は下落。電力株と金融 銘柄が値下がりした。週間ではハンセン指数が2カ月ぶりの大幅安とな った。

華潤電力(836 HK)は3.3%安。前日付けた1週間ぶり高値から反 落した。資産規模で中国6位の銀行、招商銀行(3968 HK)は1.1%下 落。同行は348億元(約5600億円)規模の増資計画を発表した。

不動産開発のヘンダーソン・ランド・デベロップメント(恒基兆業 地産、12 HK)は2.6%上昇。1-6月(上期)の売上高が増加した。

ハンセン指数は前日比31.89ポイント(0.2%)安の21863.51で終 了。取引時間中には一時1%高となった。今週は2.9%安と、6月21日 終了週以来の大幅な下げ。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日 比0.4%安の9932.35。

AMPキャピタル・インベスターズの資産配分責任者ネーダー・ナ エイミ氏(シドニー在勤)は「流動性主導の上昇からファンダメンタル ズに後押しされた上昇に移行する中、今回の調整局面はわれわれが考え ていたよりも長く続くだろう」と指摘。「通常、こうしたシフトには不 透明感が伴うものだ」と述べた。

--取材協力:Weiyi Lim. Editors: Jim McDonald, Jim Powell

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE