中国の光大証券の株価、2カ月ぶり安値に下落-徐社長が辞任

23日の中国株式市場で、光大証券の 株価は2カ月ぶりの安値に下落。1週間前の誤発注で相場を混乱させた ことを受け、徐浩明社長が辞任した。

光大証券株は上海時間午前11時半(日本時間午後0時半)現在、前 日比1.1%安の9.87元。このままいけば終値ベースでは6月25日以来の 安値となる。徐社長の辞任発表を受け、同社株は22日午後に売買停止と なっていた。

袁長清会長が社長代行に就任し、投資家の懸念緩和と株価下落の抑 制を図る。光大証券は16日、234億元(約3800億円)相当の誤った買い 注文を出し、株価が今週に入り19%下落している。同社は中国証券監督 管理委員会(証監会)から3カ月間の自己勘定取引の禁止を命じられ た。今週初めには同部門のグローバル市場責任者の楊剣波氏を停職処分 とした。

原題:Everbright Shares Fall to Two-Month Low as President Resigns (1)(抜粋)

--Aipeng Soo、Stephanie Tong. Editors: Darren Boey, James Gunsalus

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE