米サンディエゴ市長、セクハラ問題で辞任へ-地元テレビ局

全米8番目の都市であるサンディエ ゴのボブ・フィルナー市長が、就任から9カ月弱で辞任する見通しだ。 元広報担当者の女性が起こしたセクシュアルハラスメント(性的嫌がら せ)訴訟で和解するための一環。地元のテレビ局のKNSDとKGTV が複数の関係者の情報として伝えた

1992年以来初の民主党市長であるフィルナー氏(70)に関するセク ハラ訴訟の和解案が23日に市議会に提出されると、同市法務官のジャ ン・ゴールドスミス氏が21日の調停協議後、記者団に語った。同氏は、 和解案が市長の辞任を求める内容であるかについては「守秘義務があ る」として、明らかにしなかった。

市長の元広報担当責任者、アイリーン・マコーマック・ジャクソン さんは7月22日に市長と市を提訴。フィルナー氏から下着を着けずに出 勤するよう求められたなどと主張していた。12人を超える女性が同市長 から不適切な言動などの被害を受けたと訴えているが、市長は辞任の圧 力には抵抗。今月に入ってカウンセリングを受けるため2週間休職して いた。

原題:San Diego Mayor to Resign Over Harassment Case, Stations Say (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE