ノキアを「B1」にさらに格下げ-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスは、フィンランドの携帯電話メーカー、ノキアの格 付けを1段階引き下げ、投資適格級を4段階下回る「B1」とした。

ムーディーズが22日発表した資料によれば、格付け見通し(アウト ルック)は「ネガティブ(弱含み)」。別の米格付け会社スタンダー ド・アンド・プアーズ(S&P)も先月、ノキアの格下げしていた。

ムーディーズのノキア担当アナリスト、ロベルト・ポッツィ氏は資 料で、「中核のスマートフォン(多機能携帯電話)と携帯電話事業で持 続可能な収益性を復活させるという課題にノキアが直面し続けていると われわれは考えている」とコメントした。

原題:Nokia Cut Further Into Junk by Moody’s on Cash-Flow Concern (1)(抜粋)

--取材協力:Adam Ewing. Editors: Heather Smith, Robert Valpuesta

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE